自賠責保険と任意保険 交通事故にはどんな保険が適応されるの?その①

自賠責保険、任意保険とは?

 

交通事故には、いくつかの「保険」が関係してきます。
まず、代表的なものとして自賠責保険と任意保険があります。

 

さらに、治療にあたっては健康保険を適応するかどうか、
という問題もありますし、仕事中の事故の場合には、労災保険の適応も
問題となります。

 

そこで、まずこれらの各種保険について説明していきましょう。

 

自動車保険のとういと、自賠責保険(共済)と任意保険(共済)という言葉をよく
耳にします。

 

自賠責保険というのは、自動車を運転する人が、自動車損害賠償保障法(自賠法)に
基づいて強制的に入らなければならない保険のこと。

 

他方、任意保険とは加入するのが任意(自由)な保険のことです。

 

自賠責保険は、人身事故による損害を保障するためのもので、その内容は「最低限」の
保障になっています。たとえば、最も重い後遺症が残ってしまった場合でも、
障害分の保険金額(損害賠償金)は約4000万円です。

 

 

しかし、通常、最も重い後遺障害等級第1級が残った場合には、自宅改造費や将来の
介護費用なども加算され、損害額が1億円や2億円を超えることもありますから、
自賠責保険だけではすべての損害をまかなうことは到底できません。

 

そこで、自賠責保険でカバーできない損害を補うために、多くの人が任意保険に加入しているわけです。

 

つまり、自賠責部分が最低限の部分、任意保険が上乗せ部分となるわけですが、自賠責を先に

支払ってもらうかどうか、については被害者側で選択することができます。

 

ひとつは、自賠責保険会社に対し、被害者請求として仮渡金請求、打払金請求、損害賠償額の

請求(本請求)をして、足りない分を任意保険会社から支払ってもらう方法。

 

ちなみに仮渡金請求と打払金請求は、いずれも本請求に先行して保険金の一部を

支払ってもらう制度です。

 

もうひとつは、自賠責保険には請求しない「一括払い」という方法で、

これは自賠責保険が支払う分も含めて任意保険会社から一括して賠償金を支払ってもらい、

後日、任意保険会社が自賠責保険会社に「立て替え分」を請求するという方法です。

 

どちらが良いかは一概には言えませんが、いずれにしても自賠責保険は、

後遺症部分を除いて120万円が上限の支払金額になっているので、

治療費が120万円を超える場合には、オーバーした分を任意保険会社に

支払ってもらわなければなりません。

 

元氣鍼灸整骨院


住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00


広島・安芸郡 交通事故 整骨院 元氣整骨鍼灸院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)