物損事故の積極損害-安芸郡事故専門治療院

物損事故における積極損害には、修理が可能な場合は修理費と評価損(格落ち損)が、修理が不可能な場合には買い替え費用があります。

また、代車の使用料や買い替え手数料、片づけ費用といったものもあります。

 

《修理が可能な場合に認められる損害》

修理が可能な場合は、破損の度合いが「一部損」となり、その修理にかかった実費のすべてが損害として認められます。

 

修理費は、修理工場の見積もりと請求書をもとに、実費が認められます。修理費が、中古市場における評価額(時価額)を超えてしまう場合は、全損扱い

(買い替え相当)となります。

部品交換費、作業工賃などは全額認められますが、塗装料金は事故で破損した部分以外は認められません。

 

評価損(格落ち損)は事故によって中古車市場における売却額や下取り額が下がった分の損害。保険会社は全額を認めないことが多く、裁判でも判決にばらつきがあります。ただし、全額が認められたケースもあります。

※裁判で評価損が認められる要件

 ・修理しても原状回復できない欠損が残った

 ・自家用自動車である

 ・購入して間もない

 ・修理費が高額である

 ・破損部分が部品交換できない骨格部だった    など

 

※評価損の算定方法

 ・事故前の市場価格と修理後の査定価格との差額

 ・事故前の下取り価格と修理後の下取り価格との差額(減価方式)

 ・事故時の価格の何割かを損害とする(時価基準方式)

 ・修理費の15%~30%程度(修理費基準方式)

 

 

 

 

「元氣整骨鍼灸院」
住所 広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話 082-824-3117
休診日  日曜 祝日
営業時間 平日 9:00~12:00 14:30~19:00  水曜 9:00~12:00

       土曜9:00~12:00 13:30~17:00

【広島・安芸郡のむちうち・交通事故専門整骨院】交通事故情報サイト

広島・海田市の元氣整骨鍼灸院公式HP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)