示談に必要な書類のそろえ方 その①

請求に必要な書類は、原則として請求する側 (被害者側) が
そろえなければなりません。


この書類がない場合、相手側が損害を認めないことがあるので、
領収書などは必ず取っておくようにしましょう。

示談に必要な書類の種類

請求額を証明するために必要な書類は、

①事故の発生や状況に関する書類

②身体に受けた損害に関する書類

③車の買い替え費用や治療費などの損害賠償額を証明する書類

④被害者の身分や請求者が死亡事故の遺族であることを証明する身分証明書

の4種類です。

事故の発生や状況に関する書類

・交通事故証明書

・事故発生状況報告書

損害賠償額を証明する書類

・診療報酬明細書

・領収書

・給与明細書または源泉徴収票

・休業損害証明書

・納税証明書または、

・確定申告の写し(自営業者の場合)

身体に受けた損害に関する書類

・診断書

・後遺障害診断書

・死亡診断書(死体検案書)

身分を証明する書類

・戸籍謄本と

・除籍謄本
(被害者が死亡した場合)

事故の発生と状況に関する書類

 事故に関する書類には、「交通事故証明書」と
「事故発生状況報告書」があります。

交通事故証明書は、いつ、どこで、どんな事故があったかを
警察が証明してくれる書面です。

この証明書がないと、保険会社は損害賠償の請求を受け付けてはくれません。

 事故発生状況報告書は、提出者が自分で事故発生時の状況と
事故現場の見取り図を書きます。

書式は特に決められてはいませんが、
この書類によって過失の割合を判断することもありますので、
正確な記述を心がけるようにしましよう。

●交通事故証明書を取得する流れ

事故の届出

申請用紙を手に入れる
 全国の交番、警察署、駐在所、自動車安全運転センターでもらうことができる

自動車安全運転センターへ申請する

その①

郵便振替での申請
郵便振替用紙に必要事項を記入し、申請用紙を添えて郵便局で申し込む。
その際、1通につき600円の申請手数料のほかに払込料金 (70円) が必要となる。
証明書は、通信欄に記入された住所へ郵送される

その②

窓口での申請
都道府県の自動車安全運転センター窓口で申請用紙とともに、
手数料を添えて申し込む。

原則、交通事故資料が警察署等から届いていれば即日交付となる。

その場で交付されない場合は、後日、申請者の住所又は郵送希望宛先へ郵送される。

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜9:00~12:00 13:30~17:00



広島・安芸郡 交通事故 整骨院 元氣整骨鍼灸院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)