交通事故被害者のためのQ&A・・・事前認定と被害者請求・・・海田町接骨院

  Q 事前認定と被害者請求の違いは?

  A「事前認定」は加害者側の任意保険会社を通じて行います。
   一方、「被害者請求」は、加害車両に付保されている自賠責保険に対し直接行います。
       そして、後遺障害等級の判断、つまり、等級に該当するかどうか、
   該当するとしたら何等級に該当するかの判断については、
   「事前認定」「被害者請求」ともにメリット、デメリットがあります。
      

   「事前認定」のメリットは手続きの簡便さにあります。
   後遺障害診断書を加害者側の任意保険会社に提出をすれば、あとは保険会社が全て手続きを行ってくれます。

   逆にデメリットは、全て手続きを行ってくれるとはいえ、
   加害者側の任意保険会社は加害者の示談を代行する立場ですので、
       被害者のため有利になるよう率先して動いてくれるかどうか、その不透明さにあるのではないでしょうか。

   一歩、「被害者請求」のメリットですが、何といっても透明性が担保されるところにあると思います。
   被害者側で納得のいく医証(診断書、画像、意見書等)を整えて
   被害者自ら(委任を受けた弁護士または行政書士が代理人として請求する事もできます)が手続きを行います。
   また、等級認定されると自賠責保険の限度額を示談前に先取りすることもできます。
   その効果として、事故を主体的に解決していくことができます。
   デメリットについては、少々煩雑で面倒であるという点ではないでしょうか。

   その点、「被害者請求」を専門としている資格者(弁護士または行政書士)に相談されることをお勧めします。
   
  
    「元氣整骨鍼灸院」
    住所 広島県安芸郡海田町新町21‐10
    電話 082-824-3117
    休診日  日曜 祝日
    営業時間 平日 9:00~12:00 14:30~19:00  水曜 9:00~12:00

         土曜9:00~12:00 13:30~17:00

    【広島・安芸郡のむちうち・交通事故専門整骨院】交通事故情報サイト