損害賠償はどのように算定する? (重度後遺症害が残った場合) その① むち打ち

●後遺症が残った16歳の男子高校生の場合

 

ここまで「人身損害」と「物的損害」について解説してきましたが、
次に実際のケースを見ながら、具体的にどのように損害を計算していくのか、
確認していきましょう。

 

ここでは重度後遺障害の場合の損害賠償の算定例について説明します。

軽度の場合は、ここから損害項目を削れば算定できます。

 

16歳の男子高校生が交通事故に遭い、遷延性意識障害となってしまいました。
6ヶ月の入院後に症状固定し、第一級一号という最も重い
後遺障害等級認定が下されました。

 

この場合に通常請求できる損害項目は、次の通りです。

 

①治療費
②入院付添費
③入院雑費
④損害賠償請求関係費用
⑤傷害慰謝料
⑥将来介護費
⑦将来雑費
⑧装具・器具等購入費
⑨家屋・自動車等改造費
⑩後遺症慰謝料
⑪逸失損害

 

ここでは、治療費として800万円、「成年後見」開始の審判手続きを行ったことから
損害賠償請求関係費用として20万円、装具・器具等の代金として300万円、
家屋改造費として800万円を支払ったことを前提とします。

 

ここで、「成年後見」という言葉が出てきました。

 

この制度は、判断能力の不十分な成人が、契約などの法律行為を行う場合、
正しい判断をしたり、本人が不利益を被らないように、
決められた後見人が本人に代わって法律行為を行うというもので、
このケースでは遷延性意識障害となった被害者に対して、審判手続きを行ったわけです。

 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜 9:00~12:00 13:30~17:00

壊れたものに対する損害請求 その③ ~ 足首 治療

●損害として認められるその他の費用

 

他にも、損害として認められる可能性のある費用として、次のようなものがあります。

 

代車使用者・・・

営業用に用いていた車両については認められますが、
自家用車として使用していた場合には認められにくい傾向にあります。

 

休車損・・・

稼働していれば得られたであろう純益のことで、営業車であれば
相当な範囲で認められます。

 

その他、保管料、レッカー代、査定料、廃車料なども、妥当だと見なされる範囲で
事故による損害と認められます。

 

なお、物損に対する慰謝料は原則として認められていません。

 

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜 9:00~12:00 13:30~17:00

壊れたものに対する損害請求 その② ~ ムチ打ち 症状

●判例でも見解が分かれている評価損

 

修理を行ったとしても、外観や機能が完全に事故前の状態に戻らなかったときには、
明らかに損害が発生していますので、その分の評価損を請求することができます。

 

ただ、これについては算定が難しく、判例上も統一的な見解がまとまっていない状態です。

ですから、具体的な状況に応じて修理費用の数割程度が認められると考えてください。

 

しかし、外観や機能に欠陥がなく、完全な修復がなされたとしても、
下取りをするときに事故車は敬遠される傾向があります。

 

結果的に下取り価格が減少することになりますが、
この減少額が評価損として認められか否かは、判例上見解が分かれています。

 

下取り価格が減少することについてきちんと立証ができなければ、損害として
認められる可能性は低いでしょう。

「免責事項」 お客様個人の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

 

元氣鍼灸整骨院
住所       広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話       082-824-3117 
休診日    日曜・
祝日・水曜午後

営業時間  平日 9:00~12:00  14:30~19:00   水曜 9:00~12:00

        土曜 9:00~12:00 13:30~17:00