交通事故の休業損害(任意保険基準)-広島交通事故専門海田町

交通事故によりケガをした被害者は、仕事を休んで得られなかった賃金や、それによって生じた減収分を休業損害として加害者に請求することができます。

この損害額を算出する方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士会基準の3種類があります。

今回は任意保険基準での説明をさせていただきます。

 

保険会社が提示してくる金額は、保険金を支払う立場もあり、自賠責保険額よりも少し高い金額が提示される傾向にあります。

 

※仕事をしている人・・・現実の収入減少額とする。ただし、1日当たりの収入が5700円を下回る場合や、その額の立証が困難な場合は1日につき

               5700円が支払われます。

               対象日数は実休業日数とし、傷害の態様、実治療日数などを勘案して治療期間の範囲内で認定されます。

 

※家事従事者・・・現実に家事に従事できなかった日数に対して、1日当たり5700円が支払われる。ただし、家庭内の地位、家事労働の実態、傷害の態様

              地域差などを考慮して、これを超える金額を認定することが妥当な場合はその額が採用されます。

 

 

※仕事をしていない人・・・仕事をしていない人の休業損害は認められません。

 

 

  

 

「元氣整骨鍼灸院」
住所 広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話 082-824-3117
休診日  日曜 祝日
営業時間 平日 9:00~12:00 14:30~19:00  土・水曜 9:00~12:00

【広島・安芸郡のむちうち・交通事故専門整骨院】交通事故情報サイト

広島・海田市の元氣整骨鍼灸院公式HP

交通事故(傷害事故)の慰謝料についてー海田町事故専門治療院

慰謝料とは、事故によって被害者が受けた精神的・肉体的苦痛に対して支払われる補償金の事を言います。

障害事故の慰謝料は、治療期間や入院・通院期間により定額化されており、休業損害と同様に自賠責保険、任意保険、弁護士会の支払い基準が設定され

ています。

今回は慰謝料に対する自賠責保険基準について説明させていただきます。

 

【自賠責保険基準】

・支払額・・・・1日あたり4200円が支払われる。

         ただし、妊婦が死産または流産した場合は、事故による受傷と死産・流産との間に因果関係が認められれば 別に慰謝料が支払われます

 

・対象日数・・・慰謝料の対象日数は、おおむね実治療日を2倍した数と治療期間の日数の少ない方が採用されます。

         実治療日数とは、実際に治療を行った日数のことで、

         例えば→病院に10回通院した場合は、実治療日数が10日と算定されます。

               それに対し治療期間とは、ケガの治療開始日~治療終了日までの期間を指し、通院していない日数も含まれます。

・治療開始日

         ・事故後7日以内に治療開始した場合・・・事故日が起算日となります

         ・事故後8日以降に治療開始した場合・・・治療開始日の7日前が起算日となります

 

・治療終了日

         ・治癒日(治癒したとみなされる日)が治療終了日から7日以内の場合、治癒日が治療終了日となります

         ・治癒日が治療終了日から8日以降の場合、治療終了日に7日を加算します

         ・治療終了日が「治癒見込」、「中止」、「転医」、「継続」となっている場合は治療終了日に7日を加算します

   

 

        

 

 

 

「元氣整骨鍼灸院」
住所 広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話 082-824-3117
休診日  日曜 祝日
営業時間 平日 9:00~12:00 14:30~19:00  土・水曜 9:00~12:00

【広島・安芸郡のむちうち・交通事故専門整骨院】交通事故情報サイト

広島・海田市の元氣整骨鍼灸院公式HP

 

 

 

 

 

 

 

   

        

 

        

        

 

交通事故の休業損害(自賠責基準)-広島交通事故専門海田町

 

交通事故によりケガをした被害者は、仕事を休んで得られなかった賃金や、それによって生じた減収分を休業損害として加害者に請求することができます。

この損害額を算出する方法には、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士会基準の3種類があります。

今回は自賠責保険基準について算出してみます。

自賠責保険基準では、原則として1日につき5700円が支払われます。ただし、立証資料などにより損害額がこの金額を超えることが明らかな場合は、

 19000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。

◎給与所得者・・・過去3か月間の1日当たりの平均給与額が基礎となる

 事故前3か月の収入÷90日×認定休業日数

◎パート・アルバイト・日雇い労働者

 日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数

◎事業所得者・・・事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出する

 

 農業・漁業従事者およびその家族従事者の場合

 (過去1年間の収入額-必要経費)×寄与率÷365日×認定休業日数

 

 

 自由業者の場合

 (過去1年間の収入額-必要経費)÷365日×認定休業日数

◎家事従事者・・・家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、

 

1日当たり5,700円を限度額としている

「元氣整骨鍼灸院」
住所 広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話 082-824-3117
休診日  日曜 祝日
営業時間 平日 9:00~12:00 14:30~19:00  土・水曜 9:00~12:00

【広島・安芸郡のむちうち・交通事故専門整骨院】交通事故情報サイト

広島・海田市の元氣整骨鍼灸院公式HP

事故時にやってはいけないこと!ー安芸区事故専門接骨院

賠償額賠償方法をその場で決めてはいけません。

交通事故の現場で相手から『賠償金は〇〇万円支払うから・・・』と金額を提示されても、その場で示談に応じてはいけません。

軽い物損事故なら ある程度の賠償額ですぐに決着する事もあります。

しかし、人身事故や車対車の物損事故など被害が大きく事故の場合は、過失割合の大小によって賠償額が大きく変わってきますから、

軽い気持ちで即決示談に応じたところ、被害額が思っていた以上に大きくて困ってしまったケースもあります。

 「その場で示談を決して行ってはいけない!」と言うことは、被害者、加害者のどちらにも言えることです。

お互いをよく知らない事故当事者が、具体的な賠償額が出ないうちに保険会社を介さず、事故現場ですぐに示談をまとめてしまうのはもってのほかです。

 

「元氣整骨鍼灸院」
住所 広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話 082-824-3117
休診日  日曜 祝日
営業時間 平日 9:00~12:00 14:30~19:00  土・水曜 9:00~12:00

【広島・安芸郡のむちうち・交通事故専門整骨院】交通事故情報サイト

広島・海田市の元氣整骨鍼灸院公式HP