物損事故の損害賠償額の算定-海田町事故専門治療院

交通事故には、被害者の生命および身体に損害を与える人身事故以外に、車や建物に被害を及ぼす物損事故があります。

人身事故と大きく違うのは、物損事故には自賠法が適用されない点です。

 

人身事故と物損事故の違い・・・

交通事故で人間の身体・生命に損害が発生した場合は人身事故になりますが、身体・生命に被害が及ばず、車や建物などに損害を与えた事故を

物損事故といいます。

人身事故と物損事故の違いは以下の通りです。

 

人身事故では、自賠責保険が適用されます。賠償額が自賠責保険の限度額を超えた場合は、加害者の加入する任意保険もしくは加害者本人が

賠償を行います。また、加害者が無過失を証明しない限り被害者に対し賠償の責任を負います。

 

物損事故では、自賠責保険は適用されません。

加害者本人もしくは加害者の加入する任意保険が賠償を行い、賠償額が任意保険の限度額を超えた場合は、加害者本人が負担します。

なお、加害者の過失や因果関係など、損害が生じたことの立証責任は被害者が負う事になります。

 

 

「元氣整骨鍼灸院」
住所 広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話 082-824-3117
休診日  日曜 祝日
営業時間 平日 9:00~12:00 14:30~19:00  水曜 9:00~12:00

土曜9:00~12:00 13:30~17:00

【広島・安芸郡のむちうち・交通事故専門整骨院】交通事故情報サイト

広島・海田市の元氣整骨鍼灸院公式HP

交通事故(傷害事故)の慰謝料について―むちうち広島専門院

 

慰謝料とは、事故によって被害者が受けた精神的・肉体的苦痛に対して支払われる補償金の事を言います。

障害事故の慰謝料は、治療期間や入院・通院期間により定額化されており、休業損害と同様に自賠責保険、任意保険、弁護士会の支払い基準が設定され

ています。

今回は慰謝料に対する弁護士会基準について説明させていただきます。

 

裁判所の判断に基づき作成された弁護士会基準は、自賠責保険、任意保険の基準に比べて高額になっています。

日弁連交通事故相談センター作成の「損害賠償額算定基準」(赤い本)の算定基準がよく採用されています。

なお、この(赤い本)は一般書店で販売されていませんが、弁護士会館や日弁連の交通事故相談センターで購入することができます。

 

入通院に関しては

通院が長期にわたり、かつ不規則である場合は実日数の3.5倍程度を慰謝料算定のための通院期間の目安とすることがあります。

また、被害者が幼児を持つ母親であったり、仕事の都合など被害者の事情により特に入院期間を短縮したと認められる場合には、前記の金額を増額される場合があります。

なお、入院待機中の期間およびギブス固定中等安静を要する自宅療養期間は入院期間と見なすことがあります。

 

 

「元氣整骨鍼灸院」
住所 広島県安芸郡海田町新町21‐10
電話 082-824-3117
休診日  日曜 祝日
営業時間 平日 9:00~12:00 14:30~19:00  土・水曜 9:00~12:00

【広島・安芸郡のむちうち・交通事故専門整骨院】交通事故情報サイト

広島・海田市の元氣整骨鍼灸院公式HP