どこに行ってもよくならなかったむちうち、頭痛・吐き気、手足のしびれは無痛矯正でしっかり改善します

施術の特徴

交通事故後にやるべきこと

1.警察に連絡する

→まず警察に連絡し、交通事故証明書を発行してもらいましょう

●警察へ連絡せず、示談でその場で終わらせてしまった場合、自賠責保険の適用を受けられなくなります。

●診察、治療を受ける場合は、物損事故ではなく人身事故の扱いにする必要があります。警察に、人身事故にしたい旨を伝えましょう。

2.相手の身元を確認する

→身分証などで相手の住所・氏名・連絡先を確認しましょう
→相手の車のナンバーを控えておきましょう
→車検証を確認し、車の所有者と運転者が同一人物かを確かめておきましょう

●相手が仕事中の場合、相手の雇主も賠償責任を負うことがあるため、名刺があればもらいましょう。

●可能であれば、相手が加入している自動車保険の保険会社名を確認しましょう。

3.現場を記録する

→カメラ(携帯電話のカメラでもOK)などで車の破損状況をはじめ、周囲を一通り撮影しておきましょう
→目撃者がいる場合は、その方の氏名・連絡先も聞いておきましょう

●カメラがなければメモ書きでもいいので、見取り図や事故の経過などをしっかり記録しておきましょう。

4.病院・クリニックで診察を受ける

→病院へ行って診察を受け、診断書と領収書を発行してもらいましょう

●警察からの交通事故証明が物損事故扱いになっていても、診断書を提出することで人身事故への切り替えが可能になります。

●診察を受ける際には、大きなケガや骨折の部分だけでなく、細かい症状(手のしびれや、各部の痛みなど)もきちんと伝えておきましょう。

5.保険会社へ連絡する

→自身が任意で入っている傷害保険などがあれば、連絡をしておきましょう。

※自賠責保険に付いては、一般的に加害者側が保険会社へ連絡を行います。

●加害者が連絡を行わなかった場合は、加害者側が直接交渉を行うことができます。

お気軽にご相談ください

交通事故治療に関するご相談はこちら

電話番号:082-824-3117
TOPへ戻る