どこに行ってもよくならなかったむちうち、頭痛・吐き気、手足のしびれは無痛矯正でしっかり改善します

交通事故補償・慰謝料

自賠責保険を使った治療が可能だから窓口での自己負担0円

整骨院でも自賠責保険は適用されるの?

整骨院を利用する際、このようなご心配をされる患者さまもおられるようです。

免許を持っている柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用については、必要かつ妥当な実費と認められるものについては、自賠責保険の「柔道整復等の費用」に該当するものとして、自賠責保険の治療関係費として認められています

自賠責保険の治療関係費として認められる費用は、最大120万円が限度額とされています。
費用に関しては、自賠責保険の適用が受けられるかどうかなど、お気軽にスタッフへお尋ねください。

※保険会社とのやり取りを代行するなどのサポートも行っておりますので、安心してご来院ください。

交通事故の補償について

治療費としては、何が該当するのですか?

応急手当診療費、入院投薬料、手術料、処置課等通院費、転院費、入院費など
※整骨院での治療もここに含まれます。

交通費も支払われるって聞きました。本当?

ケガの程度にもよりますが、通院に際しての交通費なども保険より支払われます。
(公共交通機関の運賃、タクシー代、有料駐車場代、自家用車のガソリン代など)

治療の為にパートを休みました。
パートを休んだ分の補償が出るって聞いたんだけど・・・?

はい、支払われます。

会社員や自営業の方だけでなく、パート、アルバイト、専業主婦の方も対象に含まれています。

自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われ、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。

  1. 給与所得者
    過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
    事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)
  2. パート・アルバイト・日雇い労働者
    日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します。)
  3. 事業所得者
    事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。
  4. 家事従事者
    家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。
慰謝料の額はどうやって決まるの?

慰謝料とは、事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金の事で、1日4,200円が支払われます。
慰謝料の対象になる日数は、「治療期間」と「実治療日数」によって決定されます。

  1. 治療期間?治療開始日から治療終了日までの日数
  2. 実治療日数?実際に治療を行った日数
    ?「実治療日数」×2 と「治療期間」で少ない方の数字に4,200円をかければ慰謝料が算定されます。
    ?(上記、「実治療日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは、整形外科に通院した場合と接骨院に通院した場合のみです。鍼灸院やマッサージ院では、実治療日数のみしか算定されません。慰謝料の面から見ても、整骨院にかかる事をお勧めします。)

交通事故治療に関するご相談はこちら

電話番号:082-824-3117
TOPへ戻る